過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

検電器と検相器

どのくらい電気が来ているかを測定する検電器と三相回路などで使う検相器です。こちらで説明いたします。

検電器について

検電器は、電圧や電流の測定や検知のために使用される計測器です。

ペンの形になっています。

p146186314907077921432.jpg

これが検電器です。

電気工事では、線路電圧などの検知に使います。

または充電の有無を調べます。

検相器について

検相器は

三相の相順を調べるのに用います。

p194986314905166991459.jpg

通常は、赤、白、青の線です。

白だと見づらいため黒にしております。

開閉器の端子に R、S、T の順番で接続すると、相順が正なら時計回りに回ります。

反時計回りだと逆回転しています。

三相誘導電動機において、相順が逆になってしまうと逆回転となり、本来使用したいようにできなくなります。

三相誘導電動機を正しく使用するために、検相器は必要なのです。

p85086314907077921320.jpg
第二種 電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。