過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

漏えい電流について

漏えい電流が非常に危険です。対応策などの説明をしていきます。

漏えい電流とは?

電気配線において、電線から電流が漏れることを漏えい電流と言います。

線の接続が緩かったり、絶縁体の劣化によるケースが多いです。

気を付けないといけないのは、

特に通信機器は、ノイズが強すぎてマイコンの誤動作などのトラブルを起こす危険があります。

漏えい電流の対処法

漏えい電流が大地に流れるのを防ぐ必要があります。

いついかなる時でも大地に漏えいする電流は 1mA 以下という基準があります。

電気設備技術基準

というもので決められています。

詳しく書くと

どうしても経年変化により絶縁被覆などの劣化が出てしまうため、

絶縁抵抗測定

などを行いながらメンテナンスするのが良いですね。もちろん、漏電遮断器もそうです。

漏えい電流の危険度

漏えい電流でなくても、危険なものは危険な電流です。

およそ 30mAを超えると危険です。100mA まで行くと、命を落とすこともあります。

人や家畜を保護するために、15~30mA の高速形の漏電遮断器が必要です。

p81886914906225801629.jpg
第二種 電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。