過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

終端抵抗について

きちんと回路を閉じないといけない理由を説明します。どうでもいいように見えることもありますが、大切なことです。

終端抵抗が無い場合

放置している配線があったとします。

そこで高い周波数の信号が来ます。

すると以下の図のようになります。

p13788701490635969172.jpg

この電界と磁界が鎖のように続きます。

これを電磁波と呼びます。

この現象により、機器が不安定になることがあります。

終端抵抗がある場合

先ほどの回路に終端抵抗を付けます。

放置せずに、抵抗を付けます。

p93187014906365461552.jpg

終端抵抗を付けることにより、高周波信号などが抵抗で熱に代わり( 抵抗に電流が流れると熱に代わります )、余計な電磁波を出さなくて済むという訳です。

これをやることにより、誤動作の心配がなくなります。

パッと見た感じは地味なのかもしれませんが、PCが並んでいるオフィスなどではとても必要なことです。

p10958701490636754470.jpg
第二種 電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。