過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

電気工作物について

電気を作る発電などや電気を使うために設置する機械、電線などが電気工作物です。電気事業法に定義がありますので、よく覚えておきましょう。

電気工作物とは?

電力会社が発電や送電をして、工場やビル、住宅の受電設備、屋内配線などを電気工作物と言います。

覚えておくべき電気工作物は2種類です。

p11498781490711502666.jpg

一般用電気工作物について

一般用電気工作物とは、低圧で受電して電気を使用している電気工作物です。

発電設備がある場合には、小規模の発電設備であれば一般用電気工作物とされます。

となっております。

p174487814907115021188.jpg

この発電設備は非常用も含まれています。

自家用電気工作物について

自家用電気工作物とは、高圧または特別高圧で受電する電気工作物です。

低圧であっても、自家用電気工作物になるものがあります。

以上3つが一般用ではなく自家用電気工作物として区分されます。

p6708781490713841788.jpg

第2種電気工事士で扱う電気工作物は、一般用電気工作物です。

合格後、認定電気工事従事者の講座とテストがありますのでこれを受け修了証をもらうことができます。

その場合は最大500kw未満の自家用電気工作物の低圧部分の作業ができるようになります。

これは受けておいたほうが良いかもしれません。

第二種 電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。