過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

地中電線路について

家の門にある電灯や、アクリルの表札を光らせたりするために、地面の下に配線をします。今回は、地中電線路について説明していきます。

地中埋設工事

イラストで説明します。

p8248811490771402585.jpg

簡単にイラストで説明するとこのような感じです。矢印のところが地中電線路です。

地中電線路は、屋内配線から屋外配線に接続するために地中を通す1つの方法です。

難しく考える必要は全くありません。

メリット


デメリット

地中埋設の工事方法

地中に電線やケーブル工事をする場合には3つの方法があります。

です。

第2種電気工事士の試験では、直接埋設式が出題されます。

直接埋設式

p127588114907716171679.jpg

①はコンクリートトラフという『 コの字形 』をしたものです。

この中にケーブルを入れて蓋を閉めるというものです。

地中埋設工事ではケーブルのみ使用されます。

地面からの深さは以下の通りです。

と定められています。

管路式と暗渠式について

電線管を使う管路式と難燃性のトラフを使った暗渠式は、イラストにて紹介をします。

p17568811490880301959.jpg p61688114908803011890.jpg

ビルのようになっており、電圧の差または信号の差によって置く場所を変えます。

第二種 電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。