過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

定格電流と最大電流

漢字だけみると、2文字違うだけですよね?でも、意味は全く違います。その違いの話をしていきます。

定格電流とは?

機器に指定された条件で運転したときの電流です。

日本を含め世界には、「安全規格」というものがあります。

この「安全規格」のなかでは、必ず定格電流を指定することになっています。

定格を大幅に超えると故障するリスクがあるため、「これが基準ですよ」という意味で定めた電流が定格電流です。

p110392114926012101399.jpg

最大電流とは?

1つの回路で流せる最大の電流です。

定格電流が一時的に超える機器があり、その「 定格電流を一時的に超える 」電流が最大電流です。
エアコンなどでよくみられます。

たとえば、そのエアコンの場合、

暑い日には、ON にしたときに一時的に思いっきり冷やそうとし、寒い日には、ON にしたときに一時的に思いっきり暖めようとしますよね。

このようなときに流れる電流が最大電流であり、「 最大定格電流 」とも言います。

常時ONにしていれば定格電流で動きますが、OFFにしたままある程度放置すると、部屋の中は暑くなったり寒くなったりします。

そうなると、指定された温度に達するまでフルパワーで動かしますので、電流が定格より多く流れることがあるということです。

ただ、もちろんこの場合でも、最大電流を超えないように設定されています。

p12779211492601211598.jpg
第二種 電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。