過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

圧力スイッチと種類と用途

圧力を検知したらスイッチON、OFFするのが簡単な説明です。もう少し深く説明します。

圧力スイッチとは

センサーと電気的なスイッチで構成されているものです。

例を挙げると、

などの圧力を検知し基準にすることにより、電気回路のON・OFFを決めます。

あくまでイメージとしてですが、TVのON・OFFボタンみたいなもの( この場合はタクトスイッチと言いますが )で、何らかの力が働いて動作するという感じになります。

圧力スイッチの種類について

圧力スイッチは大きく分けると2種類あります。

電気機械式の中でもいくつかに分かれています。

2ヵ所の圧力差を、検知するものです。

圧力を検出したらピストンが動き、スイッチを動作させます。

ブルドン管という薄い金属でできた管で、何もないと楕円になり、圧力がかかると円になりスイッチを動作させます。

ダイヤフラムと言うのは金属の薄い膜のことですが、これが正圧と負圧でダイヤフラムに力が働き、その力でスイッチを動作させます。

イメージとしては注射器です。注射器の押したり、引いたりすれば内部に圧力が発生します。
針の所では吸ったり出したりします。まさに、この原理を使用しています。

ソリッドステート

圧力スイッチをON・OFFさせるだけではなく、デジタルも表示するものです。

圧力スイッチの用途について

圧力スイッチは、さまざまなところで使われています。

建築では

p149792914915353241261.jpg

車では

p116492914915353251822.jpg

工場では

医療では

意外に、身近なところでも使用されているのですね。

第二種 電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。