過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

対地電圧と線間電圧

対地電圧と線間電圧についてのお話です。イラストを用います。イメージは大事ですので、イメージできるよう説明します。

対地電圧と線間電圧について

電線と大地( アース )の間の電圧のことです。

電線と電線の間の電圧のことです。

では、電線が2本あると設定し、イラストで説明いたします。

p17439321492712940454.jpg p6359321492718959579.jpg

対地電圧の接地について

電柱の変圧器などが故障してしまい、低圧の配線に高圧が入ってきてしまうと、非常に危険です。
そのため、中性線を接地します。

中性線の説明のため、一般家屋でよく使われる単相3線式の中性線のイラストを掲載します。

p1039321492714470679.jpg

そしてこの④が中性線です。

ここを接地します。

対地電圧の制限について

住居の屋内配線の対地電圧は、

150V以下

と定められております。

定格2kW以上の電気器具などの専用の屋内配線をする場合には例外があります。

人が容易に触れる恐れが無い場合には、専用の過電流遮断器を設置すると

対地電圧を300V以下まで上げることができます。

p8759321492720325505.jpg

この場合、条件があります。

第二種 電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。