過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

コンセントの種類と形状

コンセントには様々な種類があります。またコンセントの形状も接地できるものなどもありますので、イラストや写真を見ながら説明いたします。

コンセントの種類について

第2種電気工事士で覚えておいた方が良いコンセントは以下の通りです。

他にもありますが、これだけは押さえておいた方が良いです。

では画像と一緒に見てみてください。


コンセント

p164393414916312751341.jpg


接地極付コンセント

p3539341491631275700.jpg


防水型コンセント

p809934149251938155.jpg


引掛型

p14239341492520257465.jpg

延長コードなどにもありますが、差し込んで回すものがあります。
差し込んで回すことによって、抜けにくくなります。


引掛シーリング

p11889341491634536564.jpg

このタイプともう1つありますが、天井など高い所から吊るす時に使用します。

ソケット類について

ランプレセクタプル

p181193414925202571222.jpg

電球などをねじ込んで使用します。

コンセントの刃受形状の分類

コンセントやコードの差し込み部分( 刃受と言います )は、使用電圧ごとに決められています。

また、接地極つきのものもあります。

代表的なものを挙げていきます。

その他は、

と分けられています。

コンセントの刃受形状について( イラスト付き )

単相100Vの刃受は、以下の通りです。

p131593414916384171229.jpg


単相200Vでは、以下の刃受となっています。

p13089341491638417864.jpg


三相200Vでは以下のようになっています。

p20893414916384171614.jpg
第二種電気工事士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。