TOEIC試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

depend on A for Bと rely on A for B

depend on A for B と、rely on A for B 比べてみて、皆さんはどう思いますか?違うでしょうか、同じでしょうか?

depend on A for B と rely on A for B は同じ意味です。

depend on A for B、rely on A for B は、BをA に頼るということです。

私は生活を父に頼っている。

その老婦人は、彼女の孫娘に食事( の世話 )を頼っている。

depend on ~

A for B 無しで見てみますと、depend on ~ と rely on ~ では、微妙に違ってきます。

depend on ~は「 ~に頼る 」という以外に、「 ~によって決まる 」という意味があります。

それはあなたの考えによる。( あなたの考えによって答えが違うという意味 )

この言葉の意味は、文章の前後関係によります。( その文章の内容によって違うという意味 )

このような場合は頼っているという意味ではないので、rely on~ は当てはまりません。

A: これはいいかしら、ダメかしら?

B: それは状況によるね。


例えば、これは彼女が洋服を選んでいるときの会話だと想像してください。

つまり、パーティーの服なのか、デートなのか、それともレジャーに行くために買うのか・・・。

そのような状況によって違うよね、という感じです。

こんな会話のときは

だけでも答えになります。

rely on ~

rely on~ は「何かに頼っている 」あるいは、「 信頼している 」とか依存しているという感じです。

私はいつも旅行に行くと、ガイドブックに頼る。

私の彼は、私に頼りすぎていると思う。

とても大切なことを決めるとき、私はいつも神様に頼る。

政府は国の運営を我々の税金に頼っている。

TOEIC 過去問 | 予想問題

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。