TOEIC試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

アメリカの学生生活 ~食堂のお話~

全寮制がほとんどのアメリカの私立大学では、寮費の中に食事代も含まれている事が殆どです。この形式を Room and board と言い、日本で言うところの「賄いつき寮生活」ですね。大学にある食堂(cafeteria 又は dining hall)はバイキング形式が殆どで、こうなると抑制が効かずに食べ過ぎて太ってしまう生徒が多数います。

こんな表現があります

「新入生の20ポンド」。

大学生活を始めたばかりの新入生、親元を離れて新しい友人達と毎日食堂で楽しく食事、
と思いきや気づくと20ポンド(約10キロ)も体重が増加してしまった、という意味なのです。

実際に顔の形が変わるまで太る人がいるので、そこから生まれた言葉なのでしょうね。

○1日中利用可能な食堂

寮生活が基本のアメリカの大学では、曜日や課目によっては1時限が8時半開始となります。

ですのでこれに合わせてCafeteriaも7時ごろからオープンします。

私の通っていた大学は「私立の古い小さな女子大」だったので、「食事のレベルが非常に高い」と評判でした。

○朝食のメニュー Breakfast

卵にじゃがいも、ハム類、パンとパンにつけるジャム等、果物、コーンフレークに飲み物色々がありました。

コーンフレーク全般を表す「cereal」という語は出だしが「c」です。
「s」の発音をしない様に注意しましょう。

また日本でいうイチゴジャムなどの「jam」ですが、
人によっては「jelly」と言う場合もあるのでこれも注意ですね。

このjellyに「-o」が付くと「jell-o」という商品名になり、日本で言うデザートのゼリーになります。

ラテン系のシンガーで Jennifer Lopez という人がいますが、
彼女の愛称は「J.Lo」、アメリカ人にするとゼリーの名前をもじっている愛称、になります。
(jell-oとJ.Lo=ジェローとなります)

Breakfast hash というのは、じゃがいもとコーンビーフ(corned beef)を炒め合わせたものです。
美味しいですよ。

○昼食と夕食のメニュー Lunch and Dinner

暖かい食事と冷たい食事の2つのコーナーがあり、もちろん両方から取っても大丈夫です。

ハンバーガーやサンドイッチはパンと具材が沢山あるので、
そこから自分の欲しいものを言って、自分で作るスタイルです。

サラダやスープが毎日たっぷり食べられるのが嬉しかったですね。

これ以外にもワッフルバーがあったり、中華鍋が置いてあって好きな具材を炒める、なんて事もできました。
私は1日3食しっかり欠かさず食べましたが、2年間で5キロ以上痩せました。

p161117914745114511033.jpg
TOEIC 過去問 | 予想問題

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。