過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

But for ~ と Without ~

But for ~ と Without ~ はどちらも「~がなければ」という意味となり、仮定法過去、仮定法過去完了として頻繁に使われます。仮定法は日本語では自然と会話の中で使用しますが、英語で使うとなると難しい文法と感じ、苦手意識を持ってしまいがちです。文中でどのように使えるのかお話します。

仮定法過去の文中での使い方

仮定法過去とは、「もし(現在)~なければ」と現在の事について表す文法です。

例えば、以下のように使います。


「あなたの助けがなければ、私は失敗するでしょう。」


このように、But forやWithoutを使う事で、仮定法過去の表現が簡単に作れます。

次に、仮定法過去完了の文中での使い方です

仮定法過去完了とは、「もし(過去)~なかったら」と過去の事について表す文法です。

例えば、以下のように使います。


「あなたの助けがなかったら、私は失敗していたでしょう。」

このように、仮定法過去完了もBut forやWithoutを使うことで、簡単に表現することが出来るようになります。

他の例も見てみましょう

「雪がなければ、(現在)運転出来るのに。(実際は出来ない)」

「雪でなければ、(過去に)運転出来たのに。(実際は出来なかった。)」

But for ~ と Without ~ の使い方は頭に入りましたか?

p17435671485779596640.jpg
TOEIC 過去問 | 予想問題

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。