TOEIC試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

主語と動詞の省略について

主語と動詞の省略が出来るのは、いくつかの文法に限られます。接続詞のあとの主語が、コンマの後の主語と一致する場合、接続詞のあとの主語とbe動詞を省略出来ます。これから、くわしく説明していきます。他にもあいさつや慣用表現においても省略が可能なものがあります。

接続詞のあとの主語・動詞の省略

接続詞( when , if , unless , though など )の後の「主語とbe動詞」が、
コンマの後の文の「主語とbe動詞」と一致する場合、接続詞の後の「主語とbe動詞」を省略する事が出来ます。


When(接続詞)の後の「 I was 」と、コンマの後の「 I was 」が同じです。



それでは省略してみましょう。

➡ When ten years old, I was so short.


このように、省略する事が出来ます。

では他のケースも見てみましょう

あいさつや頻繁に使われる話しことばも省略できます。

p4876471486877858736.jpg


慣用表現についても「主語や動詞」がなくても意味がわかりますので、主語と一致しなくても省略できます。


以下のように使います。

このように、主語やbe動詞を省略しても、成り立つ文法があります。ぜひ意識しながらTOEICの問題を解いてみて下さいね。

TOEIC 過去問 | 予想問題

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。