過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

TOEIC「Part2」の過去問/予想問題を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 80%

残り : 50
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 50
クリア
[ 設定等 ]
Who were you talking to?
 1 . 
Yes, I was there.
 2 . 
The person in charge of this project.
 3 . 
About the new building plan.
( Part2の過去問/予想問題 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
1
評価しない
正解は2です。

talk to ~ で ~に話しかける、という意味になるということが理解できているかがポイントです。

問題は、「あなたは、誰に話しかけていたのですか。」と訳します。
それに対する答えは、「このプロジェクトを担当している人です。」という2番の文章になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
Who were you talking to?
 (あなたは誰と話をしていたのですか)

talk to~は「~と話をする」です。

上記の質問に対しての正解は2番です。詳しく見てみましょう。


1. Yes, I was there.
 (はい、私はそこにいました。)

誰と話をしていたかを問われているので、Yes/Noでの回答は適しません。
したがって、不正解です。


2. The person in charge of this project.
 (このプロジェクトの担当者です。)

このプロジェクトの担当者と話をしていたということで、これが正解です。
in charge ofは「~の担当」という意味です。


3. About the new building plan.
 (新しい建築計画についてです。)

誰と話をしていたか問われているので、話の内容についての回答は適しません。したがって、不正解です。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は2番です。

この問題の最初のポイントは冒頭にある Who(誰)を聞き逃さないことです。
この問いかけに対して Yes か No で答えることは一般的ではないことから選択肢1. は不正解であることが分かります。

次に重要となってくるのは talking to です。
これは「…に話しかける、…と話す」という意味です。
よって、本問は「あなたは誰と話していたのですか」という意味ですから、選択肢2. の「このプロジェクトの担当者(です)」が正解となります。
(in charge of ~ 「~を担当して」)

選択肢3. は「新しい建築計画について(です)」という意味ですので不正解です。
talk about で「…について話す」という意味になり話の内容を表すこととなります。
よって、設問の to もしっかり聞いておかないと「誰(について)の話をしていたのですか」と意味を間違える可能性がありますので注意が必要です。

訳 : あなたは誰と話していたのですか。
  1. はい、私はそこにいました。
  2. このプロジェクトの担当者(です)。
  3. 新しい建築計画について(です)。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
この過去問.com TOEIC問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。