過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

あん摩マッサージ指圧師「平成28年度(2016年)」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 150
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 150
クリア
[ 設定等 ]
我が国の公的医療保険制度について正しいのはどれか。
   1 .
国民皆保険制度は昭和時代に始まった。
   2 .
医療給付は現金給付方式が原則である。
   3 .
75歳以上の高齢者は3割負担である。
   4 .
近年の国民医療費は減少傾向にある。
( あん摩マッサージ指圧師国家試験 平成28年度(2016年) 午前 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない
1 . 国民皆保険は医療保険を国民を100%加入をさせるという目的で、1948年(昭和23年)ごろから発足し、1961年(昭和36年)に達成となっており、正答となります。

2 . 医療給付は【現物給付】と【療養費払い(償還払い)】がありますが、現物給付が原則です。

3 . 75歳以上の高齢者は後期高齢者医療制度により、【1割負担】です。
ただし、現役並み所得者に関しては【3割負担】となります。

4 . 近年の国民医療費は増加傾向にあり、2018年度の医療費は42兆円を超え、社会問題となっています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1 戦後、憲法の25条(社会保障・社会福祉の向上及び増進)に基づいて、1961年に国民皆保険、国民皆年金が達成されました。

2 医療給付は「現物給付方式」が原則です。

3 75歳以上の一般的な高齢者は1割負担です。ただし高所得者の高齢者は3割負担になります。

4 近年の国民医療費は増加傾向にあり、社会問題となっています。
2013年(平成25年)で39兆円、2014年(平成26年)で40兆円を超えました。
参照:厚生労働省 平成28年度 国民医療費の概況
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/16/dl/kekka.pdf
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
このあん摩マッサージ指圧師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。