過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

あん摩マッサージ指圧師の過去問を「全問」ランダムに出題

問題

汎適応症候群の学説において交絡感作がみられる時期はどれか。
 1 . 
ショック期
 2 . 
抗ショック期
 3 . 
抵抗期
 4 . 
疲憊期
( あん摩マッサージ指圧師国家試験 平成30年度(2018年) 午後 )

この過去問の解説(1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない
正解は3です。

アドレナリン系から副腎皮質ホルモン分泌に至る生体反応は副腎皮質ホルモンの作用が重大になってきます。この反応を汎適応症候群といい、ストレス学説としてカナダのモントリオール大学のハンス・セリオ教授が提唱しました。適応反応を三つの時期に分けました。 第1期は、警告反応期、 第2期は、抵抗期、第3期は 、疲憊期です。
交絡感作がみられる時期は、抵抗期にあたります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
このあん摩マッサージ指圧師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。