過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

あん摩マッサージ指圧師「令和元年度(2019年)」の過去問をランダムに出題

問題

生体に加えられた種々の刺激が、下垂体 ‒ 副腎皮質系を賦活することを指摘しているのはどれか。
   1 .
圧自律神経反射
   2 .
ストレス学説
   3 .
ホメオスタシス
   4 .
ゲートコントロール説
( あん摩マッサージ指圧師国家試験 令和元年度(2019年) 午後 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない
1 .圧自律神経反射は、皮膚の圧迫によって圧迫側は交感神経の作用が抑制され、非圧迫側では亢進する反射のことです。

2 .ストレス学説は、ハンスセリエが提唱したもので、下垂体-副腎皮質系のストレス応答に働く経路であり、正答となります。
また、ストレスに関する適応反応を以下の三時期に分類しています。
第一期 警告反抗期
第二期 抵抗期、または交絡感作期
第三期 疲憊期

3 .ホメオスタシスは、生体恒常性保持のために、働く機能であり、自然治癒力に影響すると考えられています。
自律神経系の他に内分泌系や免疫系が関係していて、ポジティブ・ネガティブの両フィードバックがそれぞれ働くことでバランスを調整しています。

4 .ゲートコントロール説は、複数の刺激が同時に発生する場合、感覚を脳に伝える経路である脊髄が門(ゲート)となり、太い神経と細い神経では太い神経からのシグナルを優先的に受け取るというものです。
痛覚刺激は最も細い繊維であるため、痛むところを圧迫するなどの機械的刺激によって痛みを緩らげることができるのは、別の刺激によって痛覚のゲートを閉じる効果があると、考えられています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
このあん摩マッサージ指圧師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。