美容師試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

感染予防三原則とは

そもそも『 感染 』ということが成立するには3つの条件が必要になります。そしてそれぞれの条件から予防するために、感染症予防には3つの原則があり、感染予防三原則と呼ばれています。

感染予防三原則

①感染源の対策
②感染経路に対する対策
③感受性宿主( 人体 )に対する対策

感染源の対策

感染源とは感染症の原因となるウイルスや細菌などを持っている人やもの、食品など、汚染された器具などのことです。

これらの感染源から別のところへ持ち込んだり、増やしてしまわないように感染の元となる感染源を早めに発見したり、隔離したり、消毒することが大切です。

主な対策としてあげられるものがこちらです。

感染経路の対する対策

感染経路の対策としては手洗いやうがい、環境清掃の徹底などそれぞれの感染経路のあった対策が必要になります。

それぞれの対策においてマスクや石鹸、消毒液など必要な備品をきっちり用意することが不可欠です。

主な対策としてあげられるものがこちらです。

人体( 宿主 )に対する対策

100%感染症に感染しないのは無理でしょう。

人体に対する対策としては、日頃から運動をしたり、健康的な食生活を送り抵抗力を高めておいたり、予防できるものに関しては注射をうって免疫をつけておくことが大切になります。

主な対策としてあげられるものがこちらです。

この感染予防三原則の問題では『 感染源の対策として誤っているものはどれか? 』といった問題が多い傾向です。

各項目しっかり覚えておきましょう。

美容師 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。