美容師試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

飛沫感染とは

くしゃみや咳などをして飛び散る際に病原体を含んだ分泌液を吸い込むことによって感染することを、飛沫感染といいます。口や鼻の粘膜にふれて感染します。また、しぶき感染ともよばれます。

飛沫感染する代表的な感染症

試験では結構出ている項目なので、主な感染症はしっかり覚えておきましょう。

飛沫感染による感染範囲

くしゃみや咳・会話などによって飛んだしぶきが届く範囲は、感染源から1~2m程度といわれています。

原因となる粒子の大きさは、直径5μm以上の大きさです。

しかし飛沫は水分を多く含んでいて重いため、距離が1mほどで落下します。

空気感染との違い

飛沫感染と空気感染は似ているようですが、実は全く違うものなので注意してくださいね。

何が違うかというと、感染経路に違いがあります。

【飛沫感染】

病原体を含んだ唾液や分泌液がくしゃみや咳によって飛び散り、これらを吸い込んで感染してしまうことです。


【空気感染】

飛び散った分泌液などが飛沫して空気で運ばれたのちに、別の生体が気道から感染してしまうことです。

飛沫感染の予防策

などがあります。

美容師 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。