美容師試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

界面活性剤

界面とは、2つの性質の異なる物質の境界面のことです。 2つの混じり合わない物質の間には、必ず界面が存在します。例えば、水と油は基本的に混じり合わないものですが、 混じり合わない水と油の間にも界面が存在しています。ですが、界面活性剤は、この界面に働いて界面の性質を変え、水と油を混じり合わせることができるのです。また界面活性剤には乳化、湿潤、浸透、起泡、洗浄、帯電防止、殺菌などの作用があり、生活のあらゆる場面に活用されています。界面活性剤にも色々な種類があるので見ていきましょう。

界面活性剤の種類

界面活性剤は数多くの機能を発揮するように設計されていて、大きく分けて4つのタイプが存在します。

まず、「イオン性界面活性剤」と「非イオン性界面活性剤」に分けられます。

そして「イオン性界面活性剤」は、さらに3つに分けられます。
             
             ①陰イオン界面活性剤
☆イオン性界面活性剤・・・②陽イオン界面活性剤
             ③両性イオン界面活性剤
 

☆④非イオン性界面活性剤

①陰イオン界面活性剤(アニオン)

洗浄力や乳化・分散性、泡立ちが優れているものが多く、石けんや衣料用洗剤、シャンプー、ボディソープなどによく使われています。
ちなみにシャンプー剤でよく使われているのは、高級アルコール系・石鹸系・アミノ酸系の界面活性剤がほとんどです。

②陽イオン界面活性剤(カチオン)

繊維などへ吸着したり、殺菌性、帯電防止効果があります。
リンス、衣料用柔軟剤、殺菌剤、逆性石鹸などに使われています。
第4級アンモニウム塩型が広く使用されています。

③両性界面活性剤(両イオン)

皮膚に対して優しく、水への溶解性に優れています。
シャンプー、ボディソープ、台所洗剤によく使われています。

さらに、香粧品に用いられる両性界面活性剤には、「ベタイン型」と「イミダゾリン型」があります。

・「ベタイン型」には洗浄力、起泡力などがありますが、皮膚や眼に対する刺激性が弱いので、シャンプー剤、ヘアリンス剤などに用いられます。

・「イミダゾリン型」は、毒性や皮膚への刺激がほとんどなく安全性が高いと言われています。ですので、ベビーシャンプーに多く用いられています。

④非イオン界面活性剤(ノニオン)

乳化・可溶化力に優れていますが、泡立ちが少ないです。また、温度の影響を受けやすいです。
乳化剤や可溶化剤、分散剤などによく使われています。

p385160915105798971930.jpg

界面活性剤の基本的な性質

界面活性剤の基本的な性質として、界面活性剤を水に溶かし、ある程度の濃度になると「ミセル」というものを形成します。

このミセルを形成し始める界面活性剤の濃度のことを、「臨界ミセル濃度(cmc)」と呼びます。

界面活性剤には、乳化や分散、起泡、帯電防止、消毒・殺菌などさまざまな作用があります。

香粧品や美容用品にもたくさん使われており、それぞれの目的に応じた働きをします。

【乳化作用】

乳化とは、たとえば水と油でいうと、二つを混ぜて均一に分散させることです。
このとき加える界面活性剤を乳化剤といいます。

乳化状態=エマルジョンといいます
・水中油型(O/W型)
・油中水型(W/O型)
↑二つの型があります。

ちなみに、油中水型のエマルジョンに水を加えると水中油型に変化する現象を『転相』といいます。

【可溶化作用】

水に溶けない物や溶けにくいものでも、界面活性剤(洗剤など)を加えると溶けることです。また、透明にさせることができます。
そして用いられる界面活性剤を「可溶化剤」といいます。


【分散作用】

水と粒子を混ぜて分離しないようにさせる働きをします。その場合、分散剤として界面活性剤が必要となります。

界面活性剤の化粧品などへの使われ方


美容師 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。