美容師資格をとろう! | 美容師の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

美容師資格をとろう!

美容師として仕事をするには『国家試験』を受け合格しなければなりません。美容師免許を持っていないと、美容室ではいつまで経ってもアシスタントの立場となります。

国家試験について

美容師資格を取得するには、
国家試験の『実技』と『筆記』の両方をクリアしなければなりません。

年度により替わることもあるようですが、
実技に関しては「カット」と「オールウェーブセッティング」という2種類の試験を受けます。

筆記試験は「マークシート方式」なので、記入間違いに注意してください。

美容学校では基礎を学びます。
そして、試験も基礎の試験です。

何事においても『基礎』は大事なので、ここをしっかりと身に付けておくと、働き出してから色々と応用がきくようになります。
筆記試験に関しては覚える事ばかりですが、将来の為、ぜひ踏ん張ってください。

試験に受かってからが本番です

国家試験に受かり、美容師の資格を取ってからが本番です。

美容学校では『基礎』しか学びません。

多くのことは、働きながら、レッスンや先輩に教えてもらったりしながら、
日々習得していきます。

技術の習得は「実際に手を動かし、繰り返し練習あるのみ」です。
一人前になるため、集中して頑張れば、頑張った分だけ戻ってくると思いますので、
歯を食いしばって頑張っていきましょう。

この授業に関連した授業
美容師試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。