美容師試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

最近の美容室の傾向☆

最近の美容室の特徴として、【カラーリング】そして美容師・お客さんの両方に言えることですが【男性の増加】があると思います。

奥が深いカラーリングの世界!

美容室でカラーリングをする方も多いと思います。
若い方のオシャレ染めから、ご年配の方の白髪染めまで幅広い年代の方にニーズがあり、今やカラーリングはファッションの一部であり、美容師さん側にもカラーの技術はかなり求められてきています。

カラーといっても、ただお薬を塗ればいいというものではありません。
お客様一人ひとり、顔が違うようにもちろん髪質だって違います。
そのため、同じカラー剤を使ったとしても髪質によって色の出方が全然違ってきます。
美容室でまず初めにカウンセリングするのは、そういった髪質を見極める大事な役目もありますので、やはりちゃんと勉強が必要になるのです。
髪だけではなく、薬剤の方の勉強も必要になってきますし、就職してからもお店によって使用する物が違ったり、新しい商品や薬品もどんどん出たりしますので、常に勉強し続けることにもなります。
しかし、お客様の喜ぶ顔が見られると思うと、日々の勉強はやりがいにもなりますし、新しい発見もあってとても楽しいですよ。

お薬だという事を忘れずに!

カラー剤は、お薬です。
ですから、事前のカウンセリングの際に、アレルギーの有無や地肌の状態などもちゃんと把握しておく必要があります。
そして、施術の際にも地肌にベッタリついてしまわないようにや顔や衣類への飛び散りも慎重に行ってくださいね。

p12102731479556337760.jpg

男性の増加

近年、美容室でカットやパーマ、カラーリングをする男性もかなり増えてきました。それと同時に美容師さんも男性が多いですよね。
『女性のお店』という認識から、まだまだ人によっては入りづらい思いをされている男性のかたもいらっしゃるようです。男性も気兼ねせずに気楽に訪れられるお店になるようにしたいものですね。

男性美容師の必要性

男性のお客様が入りやすいお店は、やはり男性の美容師さんがいるお店だったりもします。
女性ばかりのお店には、美容室に限らずなかなか男性は入りづらさを感じるものです。
また、カウンセリングの際に男性同士だと理想が伝わりやすいという利点もあります。
男性の気持ちは男性が一番わかる!という考え方もあるでしょうし、また、男性の目線で女性の美しさを追求する・・・というような考え方もありますね。

男性の美容師さんは、お店にとって必要な存在になっているといえるでしょう。

p16527314795562191708.jpg
美容師 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。