美容部門の色々 | 美容師の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

美容部門の色々

美容師といえば、美容室で髪に関するお仕事をするというのがメインイメージだと思いますが、他にもいろいろなお仕事が出来るのです。私が通っていた当時(約15年前)でも、美容学校に通っている生徒のうち美容室に就職する割合は約半分だ・・・と言われていました。

髪だけではない!

『美容師』というと、やはり美容室でカットやカラー、パーマをかける事が主な仕事だと思われがちですが、実は『美容師免許』を取得していると他にもいろいろ羽ばたいていける分野があるのです。

『着付け』と『ヘアセット』

美容師は、写真館や結婚式場などで、お客様の一生の記念に残る特別で大事なひとときをお手伝いさせていただける素敵なお仕事でもあります。
最近はドレスで結婚式を挙げられる方も多くなり、昔のようにお着物のニーズは幾分減ってきているようですが、それでも、日本の伝統の衣装ですので守っていきたいものです。
お宮参り、七五三、成人式、結婚式などなど・・・人生の節目とも言える記念の日に着物を着ることはまだまだ多く、しかしながらその際の『着付け』『ヘアセット』などをご自分できちんとできる人というのは、そう多くはありません。着付けもヘアセットもやはり美容師免許保持者だとお客様の信用が違ってきますので重宝されるようです。

付属の資格も重要

また『ネイル』の資格は、別で取る必要があるものですので美容師免許とは別ですが、美容学校においては基礎的な事は授業の中で学びます。
それ以降の応用は、進みたい分野によって変わって来るので、各自選択して受けるようになっているようです。
私は髪専門の方に進もうと思っていた為、他のネイルや着付けなどの付属の選択授業は取りませんでしたので資格も美容師の物だけになりました。今になってネイルの方も着付けの方ももっともっと学んでおけば良かったと後悔しています。
自分の将来の可能性を広げられるいい機会ですので、美容学校に通われている方、これから学ぶことを検討される方はぜひ貪欲に美容の世界をたくさん学んで下さい。

最近のニーズ、まつげエクステンション!

最近、ニーズが一番高いのは『まつ毛エクステンション』の部門ではないでしょうか。
この施術は美容師免許保持者しか行ってはいけない事になっているので、一気にブームが来たここ数年では、その為に美容師免許取得に美容学校に通われる方も多くなったようです。
私もマツエクユーザーですので、やはり安全性は重要視しています!
繊細な目元の部分ですので、きちんとした技術と知識を持っている方にお願いしたいものですね。

美のスペシャリスト☆

要するに、美容師とは『美のスペシャリスト』なのです!
メイクももちろん、特に最近ではテレビでもこぞって美容家やメイクアップアーティストの方がいろいろな美容法やメイクの仕方を伝えていらっしゃいますね。
『美容師の資格を持っていなかった・・・』などと問題になったりするだけあり『国家資格』である美容師免許は特別です!
頑張って取得できただけでもすごい事なんだ!と自信をもって、髪だけでなく、色々な分野でも頑張ってみてください。

この授業に関連した授業
美容師試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。