試験対策 | 調理師の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

試験対策

調理師試験はすべての科目で6割以上を正解することが合格ラインです。一科目が満点でもほかの科目が6割以下なら落ちてしまいます。範囲が広く一朝一夕ではいかないのが現実ですが、私の経験を踏まえてどのようにして合格を勝ち取ったのか?をお話していきます。

大きく分けて勉強に使えるのは3つ

  • 調理師読本
  • 保健所での講習
  • 市販の問題集

です。
それぞれのメリットを説明していきます。

調理師読本

問題はこの中からしかでません。

基本となることが書いてあります。分厚いテキストです。
全部覚えるのは大変ですが、問題はすべてこの中から出るため、暗記できるなら間違いなく合格します。

とはいえ、1日中勉強に充てる時間がある受験生でもない限り、丸暗記は不可能に近いです。
ただ、毎日少しずつでもいいので読み進めることをおすすめします。

4周もすれば、6割から7割は頭に入ると思います。

保健所での講習

有料ですが絶対に受けましょう。

ここでもらえる過去問がかなり優秀です。
有料なだけあり、山の張り方がかなり正確です。

結構な比率でテストにでる

ため講習を受けたかどうかで合格率が変わると思います。

市販の問題集

読本を読み尽くし過去問をやり尽くし、それでも尚詰めをしたいのなら使うぐらいの考え方でOKです。

おまけ程度に考えましょう。
過去問と名目が打ってあるものなら大丈夫だと思いますが、問題の書き方なども違います。

私の経験を元にお話させていただきましたがどうでしたでしょうか?
対策と呼べるほど立派なものではないかもしれませんが、参考になれば幸いです。


更新日:

訂正依頼・報告はこちら
調理師試験の過去問題はこちら
人気の記事

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。