調理師試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

寄生虫について

一時期話題になりましたが、寄生虫について今日は書こうと思います。全てを書くのはスペースが足りないので試験に出そうなものをピックアップして書いていきます。

有名どころはこの3種

p476127814984003351583.jpg

アニサキスは一時期テレビでも話題にはなったのでご存じの方も多いと思います。
有鉤条虫、無鉤条虫に関してはあまり馴染みではないですが、試験によく出ます。

詳しく解説していきます。

アニサキス

テレビでも話題にはなりましたが、
サバやサケ、アジなどを生食した場合に感染します。

症状は猛烈な痛みや嘔吐を伴います。
感染を防ぐには極低温で冷凍するか、火を通すのが効果的です。

有鉤条虫

豚から感染することが多いですが、日本ではほとんど確認されていません。

感染した場合は、下痢や嘔吐を引き起こします。
また、稀に脳や神経まで到達することもあるため発見次第、治療を行うことが必要です。

感染を防ぐには徹底的に豚肉の生食を避ける、非衛生な場所での食事をしない等でしょうか。

「角があるのが豚」と覚えると覚えやすいかもしれません。

無鉤条虫

主に牛を生食した際に感染することが多いです。

こちらは上の2種と違い、感染しても症状があまり出ません。
数多く感染した場合に限り、嘔吐や下痢、消化不良等がみられます。

感染を防ぐには生食を避ける、極低温で冷凍する、火を通すなどが効果的です。

「角がないのが牛」と覚えるのがいいでしょう。


他にもたくさんの寄生虫が存在します。

どの寄生虫にもいえることですが、生食が主な感染ルートです。
ただ、冷凍や火を通すことでほとんどが防げます。

3種ともよく試験に出題されるので、覚えておいて損はないでしょう。

調理師 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。