調理師試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ビタミンとは

ビタミンとはなんでしょう?栄養素の一部だろ?そう理解している方がほとんどだと思います。具体的に見ていきましょう。

ビタミンとは生物にとって有効な有機化合物の総称である

そのままですね。

炭水化物、タンパク質、脂質以外の全ての有機化合物をビタミンといいます。

つまりビタミンという名前の成分はありません。

段階を踏んで説明すると

となります。

一つ一つ解説していきます。

ある生物種にとって有効な成分がビタミンと呼ばれる

ある生物種とありますが、これはつまり人にとってはビタミンでも違う生物の場合にはビタミンたり得ない成分があるということです。

身近な例としては猫でしょうか。

猫は体内でビタミンCを合成することができるため、猫にとってはビタミンCはビタミンたり得ません。

チアミンやアスコルビン酸などは人にとってはビタミンである

チアミンとかアスコルビン酸と言われても、なかなかぴんとこないかもしれません。

馴染みのある言葉でいえば、ビタミンB1とビタミンCのことです。

つまり人体にとって有効な有機化合物であれば、成分名はどうあれ人にとっては全てビタミンと呼称されるのです。

多くの場合体内で生成できず食物の摂取によって補給される

多くの場合、ビタミンは体内で生成できません。

これはどの生物種にとってもほとんど同じです。

食物の摂取により補給する必要があるため、どの成分が有効なのかを知っておく必要があります。

ビタミンは生き物が生きていく上で必須の栄養素です。

過剰に摂取してはいけませんが、足りなさすぎると病気を誘発したりします。

ビタミンは水溶性のものと脂溶性のものがあるため、調理をする際には注意が必要です。

ビタミンを含む食材についてはまた機会があれば。

調理師 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。