調理師試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

疾病予防について

疾病予防は予防医学に分類され調理師以外の試験でもしばしば出題されます。今回はそんな疾病予防についてのお話です。

大きく分けて3つ

疾病予防は状況に応じて3つに分けることができます。


同時に予防手段の5段階も各項に合わせて説明します。

第1次予防

生活習慣の改善や予防接種など疾病そのものにかかる可能性を下げるのが、この1次予防です。

予防手段の5段階中、1と2に該当するのがこの段階です。

具体的には

健康的な生活を送れるように生活環境の改善や適度な休養を行うこと。

感染症に対する対策や肝炎に対する対策など

です。

第2次予防

1次予防が「 かかりにくくする 」ものであるのに対して、2次予防は「 早期の発見を促す 」ものです。

予防手段の5段階の内3と4に該当するのが、この項でしょうか。

健康診断や人間ドックなど

先の項で疾病が発見された場合病状の悪化を遅らせたり症状の小さい撃ちに治療を行うこと

です。

第3次予防

治療がすんだ後に、再発を防ぐためのものです。

疾病予防5段階の内の最終項とも言えますね。


後遺症を防いだり一日も早く社会に復帰できるように促すこと

です。

簡単にいうとこんな感じです。

予防、初期段階での治療、再発の防止といったところでしょうか。


数字だけで覚えると覚えにくいので、意味を関連付けるのがいいと思います。

調理師 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。