調理師試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

摂食の調節について

どれだけ食べたとしてもしばらくすると必ずおなかが空きます。なぜでしょうか?今回は摂食の調節についてお話していきます。

なぜ空腹感を感じるのか?

体内のエネルギーが不足してくると人は空腹感を感じます。

では、その空腹感とはどこからくるのかを解説します。

の3つの項でみていきます。

食欲を指示しているのは?

簡単に言うと脳です。

正確には、

脳の中の摂食中枢が血糖値を感知して食事をするように促します。

また接触中枢とは別に満腹中枢というものがあり、合わせて「 食欲中枢 」といいます。

血糖値との関係

グリコーゲンが少なくなると、血液中の血糖値が下がってきます。

血糖値がさがると摂食中枢が刺激され、おなかが空きます。

この血糖値の乱高下が激しいと、過食になったりあるいは低血糖になったりするので穏やかに推移させることが重要です。

満腹感を得るには?

脳の中の満腹中枢が満腹だと感じると、食欲はいったん収まります。

胃の膨張や血糖値の上昇・咀嚼を多く行うことで満腹中枢の刺激が可能です。

摂食の調節は、摂食中枢と満腹中枢の二つで調整しています。

それぞれの働きを大まかに把握しておけば、理解が大幅に早まるはずです。

調理師 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。