過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調剤報酬請求事務技能認定試験「薬学一般」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 7
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 7
クリア
[ 設定等 ]
内服薬について、次の文章の空欄に当てはまる語句の正しい組み合わせを選びなさい。

内服薬の剤形には、錠剤、散剤、(ア)、顆粒剤、カプセル剤などがある。
内服薬を服用した場合、胃、小腸、(イ)などで吸収されたのち、門脈を通じて全身に循環して作用するものが多い。
   1 .
ア:シロップ剤 イ:大腸
   2 .
ア:内服液剤 イ:肝臓
   3 .
ア:注射剤 イ:大腸
   4 .
ア:内服液剤 イ:腎臓
   5 .
ア:点眼剤 イ:大腸
( 調剤報酬請求事務の過去問/予想問題 薬学一般 問22 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない

正解は1番です。

内服薬には錠剤、カプセル剤、散剤、顆粒剤、内服液剤、シロップ剤があり、胃や腸で吸収されます。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この調剤報酬請求事務技能認定試験 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。