過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

調剤報酬請求事務技能認定試験「高齢者医療制度」の過去問をランダムに出題

問題

調剤基本料1を算定する保険薬局が受け付けた処方箋を令和2年調剤報酬点数表を用いて算定した時、間違っているものを選びなさい。

患者情報:72歳/国民健康保険(本人)/6ヶ月以内来局あり/おくすり手帳持参

処方①
ノルバスク錠5mg 1錠(薬価:35.3円/錠) 1日1回朝食後 14日分

処方②
ノルバスクOD錠2.5mg1錠(薬価:20.3円/錠) 1日1回夕食後 14日分
   1 .
調剤基本料1:42点
   2 .
薬学管理料:43点
   3 .
調剤料:110点
   4 .
薬剤料:84点
   5 .
一部負担金:840円
( 調剤報酬請求事務の過去問/予想問題 高齢者医療制度 問21 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない
正解は5番です。

前期高齢者の患者の処方箋なので、一部負担金は2割で算定します。この場合は560円になります。

同一有効成分の処方ですが、この場合剤形が違うのでそれぞれを2剤として調剤料を算定します。
この場合の処方は2剤×55点の調剤料110点を算定します。
内服錠とOD錠、舌下錠等のように服用方法が異なる場合は、服用時点が同一であっても別剤として調剤料を算定できます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この調剤報酬請求事務技能認定試験 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。