英検 ( 英語検定 )の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

仮定法過去 + 仮定法過去完了

仮定法過去 + 仮定法過去完了は学生時代、受験英語などでの悩みの種です。いくつかのパターンや動詞の活用や助動詞の使い方に悩みます。ここでは仮定法過去 + 仮定法過去完了の復習と会話での使い方を学びましょう。

仮定法過去の復習

仮定法過去の意味は、「 動詞の過去形を使い現在の事実と違う願望を表す 」です。

【 パターン 】If +主語+動詞の過去形、主語+( would, could, should )+動詞 

【 意味 】「もし〜なら、〜だろう」 

例文を見てみましょう

もし、鳥であったら、飛ぶことができるだろう。

もし、お金があれば、それを買えるだろう。

仮定法過去の会話での使い方

皆さんも、今と違う状況…例えば「 自分が〜であったら、〜するのに 」という状況はよくあると思います。

そんな時には、仮定法過去でつぶやいてください。

他人の失敗を見て「 自分だったらそんなことしないのに 」と考えたら、

自分だったら、そんなことはしないだろう。


「 もっと、お金があったら、〜買えるのに 」も、よく使う表現です。

もっとお金があったら、この車を買えるのに。

仮定法過去完了の復習

仮定法過去完了は、過去の出来事を振り返り過去の実現しなかった願望( ああすればよかった )や気持ちを言い表します。

【 パターン 】If 主語+had, 主語+(could, would, should) +have+ 動詞

例文を見てみましょう

もっと英語を勉強していたら、英語を流暢に話すことができただろう。

もっと食べていたら、大きくなっていただろう。

.タバコをやめていたら、健康的だっただろう。

仮定法過去完了の会話での使い方

昔を振り返って「 ああすればよかった 」と思ったら、仮定法過去でつぶやいて下さい。

「 もっと頑張っていれば、お金が稼げたのに 」と思ったら、

もっと働いていたら、もっとお金を稼げただろう。


「ゴルフでもって練習しておけよかったのに」と思ったら

もっと練習していたら、もっとよかっただろう。

まとめ

仮定法と呼ばれる表現法は、慣れるのが一番です。

例文を暗記し、日頃から練習しましょう。

仮定法過去は現在と違う事実を述べる、「 ~なら、~だろう 」

過程校過去完了は過去の実現しなかった願望を述べる、「 昔~していたら、こうなっていたのに 」

覆水盆に返らず。

後悔先に立たずですが、仮定法の練習と思って色々考えてみて下さい。

英検 過去問 | 予想問題

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。