英検 ( 英語検定 )の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

due to〜・because of・ owing toの使い分けについて

「due to〜」「because of」 「owing to 」はいずれも「~のため」という意味で使われます。今日はぞれそれの使い方と意味、そして使い分けについて学びましょう。

「 due to〜 」の使い方

「 due to 」 の後に名詞がつくと、「 〜のため 」という意味になります。

I was absent due to illness. 病気のため欠席しました。

理由を説明する 「 due to 」 は形容詞、be 動詞の後で使われることが多く、文の先頭ではあまり使われません。

その嵐のために欠席した。

君の成功は僕の助けのおかげだね。

「because of」の意味と使い方

「 because of 」も「 due to 」と同じで「 〜のため 」を意味します。

雨だっだので、運転した

「due to」と「 because of 」の違いは、「due to」はbe 動詞の後につくことが多いですが、「because of」はbe動詞以外の動詞の後に使われることが多いです。

上の文を「due to」と「be 動詞」を使って書き換えると

雨のため、失敗した。

時間不足のため失敗した。


上の文を「 due to 」と「 be 動詞 」を使って書き換えると

私の失敗はその雨のためです。

私の失敗は時間不足のためです。

「owing to」の意味と使い方

「 owing to 」も「 〜のために 」という意味です。

「 due to 」と違い「 owiing to 」は文章の先頭でも使えます。

病気のため、試験を欠席した。

雨のため、欠席した。


上の文を「 because of 」と「 due to 」を使って書き換えると

病気のため、試験を欠席した。

雨のため、欠席した。

「thank to」「on account of 」

「 thanks to 」も「 〜のため 」という表現ですが、感謝の気持ちを表せます。

あなたのおかげで、そこに着けました。

「 on account of 」は、丁寧な形式的な表現です。

病気のため、欠席しました。

まとめ

英検 過去問 | 予想問題

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。