英検 ( 英語検定 )の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

be used to 〜ing と get used to 〜ing

「〜に慣れている、慣れる」は日常会話でよく使う表現ですね。英語では be used to 〜ing と get used to 〜ing などの言い方があります。しかし、be used to 〜ing とget used to 〜ing には細かいニュアンスの違いがあります。今日は、この2つの表現を学びましょう。

be used to 〜ing 「〜に慣れている」

used は形容詞として「〜に慣れる」を意味します。be used to で「〜に慣れている」を意味します。

例文を見てみましょう。

get used to 〜ing 「〜に慣れる」

get used toで「〜に慣れる」を意味します。

例文を見てみましょう。

be used to 〜ing と get used to 〜ing の違い

非常に似た意味を持つ、be used to 〜ing と get used to 〜ing の違いはどこにあるのでしょうか?

be used to ~ing は「ある行為に完全に慣れている、ある行為をすることが通常で慣れている」というニュアンスです。

get used to ~ing は「ある行為にまだ慣れていないが、慣れる過程である」「昔は慣れていなかったが、今は慣れた」というニュアンスです。


寿司が好きな日本人と、寿司に慣れようとしたアメリカ人の会話を見てみましょう。

Japanese; Do you like sushi ? (寿司好き?)

American; Yes.But I was not used to eating sushi. (うん。でも、寿司を食べるのには慣れてなかった)

Japanese; Really ? (本当?)

American; I was getting used to eating sushi. (寿司を食べるのに、慣れてきた)

Japanese; I see. (なるほど)

American; I got used to eating sushi. (寿司を食べるのに慣れた)

Japanese; Great ! (すごい)

American; Now, I like sushi. I am used to eating sushi. (今では、寿司が好き。寿司を食べるのに慣れてる)


アメリカ人が、I was not used to eating sushi.「寿司を食べるのに慣れていなかった」状態から、I am used to eating sushi.「寿司を食べるのに、完全に慣れている」状態になっています。

その過程では、I was getting used to eating sushi.「寿司を食べるのに、慣れてきた」そして、I got used to eating sushi.「寿司を食べるのに慣れた」過程がありました。

p143814551506456097527.jpg

まとめ

be used to 〜ing と get used to 〜ing の違いは、むずかしいですね。be used to 〜「〜に完全に慣れている」、get use to 〜 「〜に慣れる過程」です。とはいえ、あまり間違いや細かいニュアンスは気にせず、どんどん使ってください。

英検 過去問 | 予想問題

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。