ファイナンシャル・プランニング技能検定 3級の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

相続税額の2割加算の意味とは

相続などの贈与によって財産を取得した人が配偶者と被相続人の一親等の血族であれば、相続税の加算はありません。これ以外の人が相続財産を得る場合には、その人の相続税額にその相続税額の2割に相当する金額が加算されることになっています。加算される相続人とはどのような人なのか、また2割加算はどのように計算されるのか、確認しましょう。

相続税が加算される人とは

相続税が加算されない被相続人とは、配偶者と一親等の血族です。

具体的には

になります。

実子が被相続人より先に亡くなっていた場合に、その孫が相続することを代襲相続といいます。

【 孫の場合 】
被相続人の兄弟・姉妹と同様に二親等の血族に当たりますが、代襲相続の場合は相続税の加算はありません。

【被相続人の養子の場合 】
一親等の血族になりますが、被相続人の孫が養子になった場合は2割加算の対象です。


相続税の2割加算の対象となる人を整理すると

ということになります。

p161110791497527734336.png

出典:国税庁

2割加算対象となる相続税の計算

相続人それぞれの相続税は、次の手順で計算します

このようにして求めた、相続人ごとの税額から各種の税額控除額を差し引いた残りの額が納付税額です。

ただし、財産を取得した人が相続税の2割加算の対象者であった場合は、税額控除前の相続税額を20%加算しした後に税額控除額を差し引くことになります。

この場合の税額控除には、次のようなものがあります。

p1081107914936896361108.jpg
FP3級 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。