ファイナンシャル・プランニング技能検定 3級の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

贈与税の物納は認められません

贈与税はいつまでに、どのように納めるのかご存知でしたか?期限内の申告と納税が原則ですが、どうしても納められない場合にはどのような方法があるのでしょう。

贈与税とは

贈与税は、個人が個人から財産を贈与された時にかかる税金です。

Aさんが自分の財産をBさんに無償であげますという意思表示をし、Bさんが受け取りますという意思表示をした場合、贈与契約という契約が成立します。

Bさんが贈与された金額が110万円を超えた場合、その超えた金額に贈与税が課税されます。

贈与税は

に課税されます。

現金、預貯金など本来の贈与財産に対し、本来の財産と同様の経済的利益を伴うとみなされる保険金の贈与や債務免除などはみなし贈与財産と呼ばれます。

保険料を負担していた人が亡くなり、その人を被保険者とする生命保険金を受けとった場合には、

贈与税ではなく、相続税の対象となります。

p992108414975286991544.jpg

贈与税の課税方法

ここでは、暦年課税の場合の贈与税額の計算方法について述べましょう。

贈与税が課税される額は

①から②を差し引いた残りの金額になります。

この額に税率を乗じて税額を計算しますが、平成27年以降の贈与税の税率は、

に区分されています。

兄弟間の贈与・夫婦間の贈与・親から子( 未成年者 )への贈与は一般贈与財産になりますので、以下の速算表で税額が求められます。

p94108414944896331141.png

参照元:国税庁

贈与税の申告期限

贈与税の申告は贈与された年の翌年、翌年の2月1日から3月15日までに行わなければなりません。

申告書の提出先は、贈与を受けた人の住所を所轄する税務署です。

もしも

には本来の税金のほかに加算税がかかりますので、注意が必要です。

p46210841494489633662.jpg

贈与税の納税方法とは

贈与税は金銭で一時に納めるのが原則であり

物納は認められていません。

期限内に納税ができなかった場合には、延滞税が加算されてしまいます。

最近は、国税もコンビニエンスストアでも納付することができるようになりましたので、納付期限は守りましょう。

どうしても一時に納めることができない場合は、

5年以内の年賦で分割納付する延納が認められています。

もちろん延納には要件があります。

また、延納申請期限までに延納申請書などを所轄税務署長に提出することが必要です。

ただし、延納できることになった贈与税額には一定の利子税がかかることは覚悟しておきましょう。

p1103108414944896341954.jpg
FP3級 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。