ファイナンシャル・プランニング技能検定 3級の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

所得税の損益通算について

わたしたちが国に払っている税金のうち「所得税」には、損益通算が可能なものとそうでないものがあります。所得税とは何か、損益通算とはなにか、そしてどのような所得が損益通算の対象なのか。それぞれの仕組みを正しく理解しておきましょう。

所得税とは

所得税とは、個人が得た【 所得 】にかかる税金のことです。

所得税は、昨年の総収入額から文房具やパソコンなどその所得を得るうえでの必要経費を差し引いたものに対して課税されます。

【 所得の計算式 】
所得 = 昨年1月1日から12月31日までの総所得 − 必要経費

所得税の納税は所得を得た年の翌年が原則で、納税期間は2月16日から3月15日までとされています( 申告納税方式 )

納税期限を過ぎると、場合によっては高額な延滞料金が発生しますから必ず期限内に申告しましょう。


所得と所得税の増減は比例し、これを超過累進課税制度と呼びます。

つまり「 所得税は収入の高いひとほど納税額が高くなる 」というわけです。

所得税の種類

所得税の対象となる所得には、いくつかの種類があります。

それぞれ課税方式や所得税の計算方法などが異なりますので、引っかけ問題には注意しましょう。

損益通算とは

所得税の概要、種類についてはわかりましたね。

では、所得税の損益通算とはなんでしょうか?

損益通算とは、上記にあった所得の中で利益のあった所得から損をした所得分を差し引くことで、その分の税金を減らすことができる仕組みのことです。

わかりやすいように、例をあげて説明しましょう。

例えば、あなたが得た所得のうち1つが50万円の黒字、1つが100万円の赤字だったとします。

税金は利益が出た所得に発生するものですので、

この場合あなたは、黒字である50万円にかかった税金のみ納税義務があります。

100万円の損失と50万円にかかる税金…なかなか厳しいですよね。

黒字である50万円を赤字である100万円と相殺することができれば、損失は減りかつ税金のかかる対象はなくなって負担が軽くなると思いませんか?

損益通算とは、そうした差し引きのことをいうのです。

損益通算の対象となる所得

損益通算の対象となる所得は

の4つです。

この所得に損失が出た場合は、給与所得などその他の所得との損益通算が可能です。

それぞれの所得の1文字目をとった語呂合わせとして、【 富士山上( ふじさんじょう )】と覚えましょう。

上記4つの所得であっても損益通算対象外のもの

上記4つであっても、すべての損失が損益通算可能なわけではありません。

不動産所得のうち土地を取得するために被った負債に対する利子や、株式などの譲渡による損失、またはネックレスや絵画などといった生活に必要不可欠でない資産の譲渡損などは損益通算できません。

ちなみに、同じ種類の所得の損失( 不動産所得と不動産所得など )であれば、こうした内容でも損益通算は可能ですので、覚えておいてくださいね。

FP3級 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。