ファイナンシャル・プランニング技能検定 3級の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

生命保険について~3つの基本型~

FPの勉強をする上で、必ず理解しておかなければならないのが、この「生命保険」についての分野です。いまや生命保険といえば、テレビをつけるたびにCMが流れるほど、わたしたちの生活に密接に関わっています。今回は生命保険の基礎である「3つの基本型」について学んでいきましょう。

生命保険とは

生命保険とは、私たちが日々生活していく中で起こる不測の事態のうち、病気や怪我、死亡など「生命に関わるものに対して備える」ために、金融機関が提案・販売している商品のことです。

3つの基本型

生命保険の3つの基本型とは

のこと。

商品によって特約などは異なりますが、
全ての保険はこの3つのうち、いずれか(あるいは組み合わせて)をベースとして考えられています。

ではこの3つの保険、どこがどのように違うのでしょうか?

定期保険

定期保険とは
あらかじめ決められた期間中に被保険者が死亡・高度障害になってしまった場合に使える保険です。

何事もなく保険期間が終了しても、払っていた保険料は戻ってきません。
つまり「掛け捨ての保険」ということですね。

定期保険の種類として、保険期間の経過とともに保険金が増えるものを逓増保険、
反対に保険金が減っていくものを逓減保険といいます。


※保険料は一定です。増減するのは「保険金」
間違えないようにして下さいね!

終身保険

では次、終身保険とはどのような保険でしょうか?

終身保険とは、保障が一生涯続いていく保険です。
被保険者が死亡・高度障害になると保険金が支払われ、かつ長期間保険料を支払ってから解約した場合には解約返戻金もおりるため、貯蓄性に優れています。

満期保険金はありませんが、定期保険よりはお得ですね。

しかしその分、保険料の設定は定期保険よりも高くなっています。

養老保険

最後は養老保険について見ていきましょう。

養老保険は別名

生死混合保険

と呼ばれています。

被保険者が死亡・高度障害になった場合は死亡保険金、
満期まで無事生存していた場合は満期保険金を得ることができるからです。

つまり【貯金しながら、かつ死亡してから&老後の保障もある】ということです。

そのため保険料は3つの保険のうち一番高いんですよ!

以上が生命保険の3つの基本型です。

整理してしまえば単純な内容ですから、ぜひ完璧に覚えて下さいね。

FP3級 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。