ファイナンシャル・プランニング技能検定 3級の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

法定相続について

相続が発生した時に、相続財産はどのように配分されるのでしょうか?今回は相続財産が誰に、そしてどのように配分されるのかを定めた法定相続について見ていきます。

法定相続とは

民法で定められた基本的な相続の優先順位や財産配分、相続人の範囲を定めた規定です。

この規定で明記されている相続人には、配偶者(妻または夫)、子供、そして親、兄弟姉妹の範囲で相続財産の配分(相続分)が規定されており、死亡時の家族構成により配分が異なってくることになります。

法定相続のパターンとその配分

まず、相続人が「配偶者のみ」で、死亡者(被相続人)の子供、親、兄弟姉妹がいない場合、配偶者に全ての相続財産が渡ることになります。

次に、相続人が「配偶者とその子供だけ」の場合、まず配偶者に2分の1、子供に残りの2分の1が配分されます。
もし子供が複数人いる場合は、相続財産全体の2分の1を子供の数でそれぞれ均等に配分していくことになります。

そして、相続人が「配偶者と被相続人の親」しかいない場合は、配偶者に3分の2、親には残りの3分の1が配分され、親の分3分の1は両親で等分(6分の1ずつ)されます。

さらに、相続人が「配偶者と被相続人の兄弟姉妹」しかいない場合は、配偶者に4分の3、残りの4分の1は兄弟姉妹で均等割りとなります。

この配分から分かる通り、相続人の配分順位は配偶者→子→親→兄弟姉妹の順となっています。

法定相続分のまとめ

【相続人のパターン】

配偶者のみ 
→全て配偶者に配分

配偶者と被相続人の子供
→配偶者1/2・子供1/2
※子供が2人いたら1/2を2人で均等割り(1/4ずつ)

配偶者と被相続人の親
→配偶者2/3・親1/3
※父母が相続人なら1/3を2人で均等割り(1/6ずつ)

配偶者と被相続人の兄弟姉妹
→配偶者3/4 ・兄弟姉妹1/4
※例えば兄弟姉妹が2人いたら1/4を2人で均等割(1/8ずつ)

法定相続の例外

ちなみに、この法定相続には例外が規定されています。

例えば、相続発生時に子供が既に死亡しているが孫がいる場合は、その孫が、死亡した子供の相続分を相続します。これを「代襲相続」といいます。

また、相続人が被相続人に対し犯罪を行ったり、重大な侮辱などを行った場合に法定相続人になれないことがあり、そのケースを民法で定めています。それらに該当することを「相続欠格」や「相続廃除」といいます。

このように、法定相続には「原則」と「例外」があり、それぞれの違いが試験問題で問われるケースがあるので、原則を押さえた上で例外を把握していってくださいね。

FP3級 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。