ファイナンシャル・プランニング技能検定 3級の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

認定長期優良住宅とは

平成21年6月に施行された「長期優良住宅の普及促進に関する法律」。実は長期優良住宅であるという認定を受けた場合、様々なメリットがあります。では、認定長期優良住宅とはいったいどのような家のことをさすのでしょうか?

認定長期優良住宅とは

認定長期優良住宅とは、「住宅を長期に渡り良好な状態で維持するためにもうけられた基準を全てクリアした住宅」のことです。

(※認定長期優良住宅の普及促進に関する法律)



簡単に言うと「長持ちする良い家」ということですね。

この法律には、立て替えによる費用や解体による解体物を抑える目的があります。

7つの基準

では、その基準とはどんなものでしょうか?

認定長期優良住宅のメリット

いくつもある認定長期優良住宅のメリットですが、FP3級の試験では主に

「所得税の住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)」について問われます。

この制度は、個人が住宅ローンを利用して一定の用件を満たす住宅を購入した際に、所得税がいくらか控除される、というもの。

また、一般住宅と認定長期優良住宅ではその最大控除額が異なります。

控除額の違い

【一般住宅の場合】

【認定長期優良住宅の場合】

つまり、一般住宅と認定長期優良住宅は10年間で考えると、100万円も控除料金に差があるということです!

申請に時間がかかるのがデメリットではありますが、認定されて損のない法律です。

FP3級 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。