ファイナンシャル・プランニング技能検定 3級の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

貸借対照表と損益計算書

貸借対照表と損益計算書とはどのようなものでしょうか?この2つの用語はFP3級の試験範囲のうち、「決算」で登場します。正しい用語の意味を知って理解をしておきましょう。

決算書とは

決算書とは、収支や資産状況をまとめたもののことです。

正式名称を「財務諸表」といいます。

日本では法律上、少なくとも1年に1度はこの決算書を作成することが義務付けられており、主に取引先(株主)への報告書として使用されています。

つまり簡単に言うと、決算書とは「会社の通信簿のようなもの」ということですね。

決算書の種類

決算書にはその内容によって、いくつかの種類があります。

そのうち、FP3級の試験を受けるうえで覚えておきたいのは

の3つです。

これらは「財務3表」と呼ばれ、決算書を作成するうえでとても重要な役割を持っています。

今回はこのうちの貸借対照表と損益計算書について説明していきますね。

貸借対照表とは

会社の全財産を一目で見ることのできる表を「貸借対照表」といいます。

さて、ここで重要なポイント!

あなたは「全財産」と聞いて、お金を想像しませんでしたか?

実は、金融業界における「財産」とは「負債」や「資産」なども含まれるんです。

賃借対照表は

という3つで成り立っており、これら全てを足したものが「全財産」となります。

※資産=負債+純資産

損益計算書とは

「損益計算書」とは、会社が一定期間中どのような成果をあげたのかということをまとめたものです。

※収益=費用+利益

収益から費用を引いた時に結果がプラスであれば利益、マイナスであれば損失です。

つまり損益計算書というのは、

その会社の経営状況を確認するうえで必要不可欠なもの

なのですね。

決算書の見方を覚えておこう

今回は決算と貸借対照表、損益計算書について簡単にご説明しました。

FP3級の試験では特別出題頻度の高い部分ではありませんが、覚えておくと良いでしょう。



p30914751507544430646.jpg
FP3級 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。