ファイナンシャル・プランニング技能検定 3級の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

フラット35とは

 住宅ローンを考えるにあたって広告などでよく目にする「フラット35」。いったいどんな特徴を持ち、どんなメリットがあるのでしょうか。要点を押さえて、しくみや返済について理解しましょう。

フラット35とは

2003年に登場した、

民間金融機関と住宅金融支援機構が共同で提供している、長期固定金利の住宅ローンです。

ローンの対象となるのは、新築住宅の建築・購入と中古住宅の購入に限られます。

融資主体は民間金融機関などで、住宅金融支援機構が住宅ローン債権を買い取りするローンです。

買取型と保証型があります。


フラット35の主な特徴は

 年収400万円未満の場合は30%以下、年収400万円以上の場合は35%以下

p175316391511603420697.jpg

フラット35(買取型)とは

民間の金融機関が窓口となり、利用者が住宅ローンを組み資金を受け取った後に、住宅金融支援機構が金融機関からその住宅ローンを買い取り、資産担保証券を発行して投資家から長期の資金調達を行います。

このしくみを活用して金融機関が提供する

全期間固定金利の住宅ローンが「フラット35」です。

借入金利や融資手数料は取扱い金融機関ごとに異なります。

フラット35(保証型)とは

住宅金融支援機構は債権の買い取りは行わず、フラット35を担保に発行される証券などの債務の支払いについて保証を行います。

つまり、民間の金融機関が窓口となり組んだ住宅ローンを利用者が返済できなくなった場合に、住宅金融支援機構が金融機関に対して保険金を支払います。

この住宅融資保険(保証型用)のしくみを活用して金融機関が提供する

全期間固定金利の住宅ローンが「フラット35(保証型)」です。

借入金利や融資手数料、その他の商品性は取扱い金融機関ごとに異なります。

p902163915116034201387.jpg

ポイントは

フラット35は住宅金融支援機構が長期の資金調達を支援することで、民間の金融機関による長期固定金利が実現しました。

利用者は経済環境の変化で金利が上昇するリスクを避けることができますね。

しかし、フラット35にも金利の下降や他のデメリットがないわけではありません。

しくみをよく理解して、試験に備えてくださいね。

FP3級 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。