ファイナンシャル・プランニング技能検定 3級の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

貸金業法の総量規制について

平成22年6月に完全施行された貸金業法は、多重債務問題解決と利用者が安心して利用できる貸金市場を目指して制定されました。ここでは返済能力を超える借り入れを抑制するための総量規制についてお話しします。

総量規制とは

総量規制とは、返済能力を超える借り入れを抑制するために、個人の借入総額が原則として、年収等の3分の1までに制限されるしくみのことです。

この場合に総量規制の対象となるのは「個人向け貸付け」です。

事業用資金として借入れる場合は、たとえ個人が借り入れをしたとしても、原則として総量規制の対象にはなりません。

個人がお金を借り入れるときに

個人顧客から貸付けの申し込みを受けた貸金業者は、以下の手順を踏まなければなりません。

個人顧客は貸金業者に貸付けを申し込むと、貸金業者が指定信用情報機関に照会し、自身の情報を調査すること等について同意を求められます。

p147616511511749891180.jpg

除外の貸付けとは

総量規制の貸付けには、「除外」となるものがあります。

除外の貸付けとは、総量規制の対象にならない貸付けです。

自動車購入時の自動車担保貸付けや不動産購入のための貸付けなどは、同じ貸付けであっても、その残高は総量規制の貸付残高に含まれません。

除外となる貸付けは以下のものです。

例外の貸付けとは

総量規制の貸付けには、「例外」となるものもあります。

例外の貸付けとは,貸付けの残高として算入はしますが、その部分について返済の能力があると判断できたなら、例外的に年収の3分の1を超えていても貸付けができるものです。

例外となる貸付けは以下のものです。

難しそうですが…

手順や条件等細かく決められていて大変そうですね。

しかしここでは、

そのしくみを理解して、本来の目的である「返済能力を超える借り入れを抑制するための総量規制」をきちんと把握してくださいね。

p1176165115118294801031.jpg
FP3級 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。