独占禁止法 | 行政書士の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

独占禁止法

資本主義において、独占的な状態というのは競争状態を阻害するものになり、制限が加えられることがあります。今回は、独占禁止法について見ていきます。

日本における独占禁止法

各国で呼び名は違えど、独占禁止法と同じような内容の法律は多くの国で見られます。

日本における独占禁止法は、健全な競争状態を維持するための法律で、競争状態があることで経済社会の発展ができるように期待されています。

では、日本における独占禁止法について見ていきましょう。

独占禁止法の3本柱

独占禁止法は、以下の3つの重要な要素があります。

  • 私的独占の禁止
  • 不当な取引制限の禁止
  • 不公正な取引方法の禁止

さらに公正取引委員会では、次の見出しの規制事項も紹介しています。

規制していること

禁止のほかに、規制もあります。

  • 事業者団体の規制
  • 企業結合の規制
  • 独占的状態の規制

さらに「下請法」が独占禁止法を補完します。

禁止・規制の結果、なにが起こるか

次の3つが期待されます。

  • 事業者の創意工夫
  • 事業活動が活発化する
  • 雇用・所得の水準向上

これらがあると、結果的にどうなるでしょうか。

最後の「独占禁止法のメリット」で確認です。

独占禁止法のメリット

禁止・規制により以下の2つが導かれます。

  • 消費者の利益確保
  • 経済の民主的な発展

競争によって、経済の健全な発展が見込まれます。

この授業に関連した授業
行政書士試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。