行政書士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

裁判における「 判決 」・「 決定 」・「 命令 」

裁判の分類の一つとして、「判決」「決定」「命令」の3つに分ける方法があります。今回は、判決・決定・命令の3つについて見ていきます。

裁判の形式

裁判の形式には、以下の3つがあります。

順に見ていきましょう。

判決

訴訟において裁判といえば、ほとんど判決を意味しています。

判決には、口頭弁論が必要です。

上訴方法として、控訴や上告が認められています。

決定

重要性の低い事項や迅速な判断が必要な事項においては、「 決定 」が下されます。

裁判所によって行われます。

命令

決定と同じく、迅速性が求められる場合に用いられます。

決定との違いは、裁判所ではなく裁判官によって行われるということです。

審判

家事審判手続きでは、家庭裁判所が行う裁判を「 審判 」という形式で行われます。

行政書士 過去問

訂正依頼・報告はこちら
人気の授業
この授業に関連した情報

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。