行政書士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

憲法9条について

憲法9条は日本が世界に誇れる不戦の誓いです。最近では憲法9条を取り巻く環境が大きく変わってきています。今回は、憲法9条について見ていきます。

憲法9条に書かれていること

憲法は条文が短いものが多いですが、憲法9条では2項あります。

戦争の放棄について定めています。

憲法9条1項

憲法9条1項をまとめると、以下のような内容になっています。

条文はここまで簡素ではありませんが、要するに戦争は行いませんということです。

戦争をしないために、具体的にどのようなことをすれば良いかが書かれているのが憲法9条2項です。

憲法9条2項

憲法9条2項は、以下のような内容になっています。

憲法9条1項の戦争放棄のために、憲法9条2項では戦力不保持について定めています。

第2次世界大戦後に作られた憲法ですが、戦争を2度と繰り返してはならないという決意がみられます。

自衛隊は戦力ではない?

憲法9条2項では戦力の不保持を明記していますが、日本には自衛隊が存在します。

自衛のための最小限度の能力しか持たないというのが歴代政府の立場ですが、戦車やイージス艦、戦闘機などどう見ても軍備ではないかという議論が、今日も日本各地で行われています。

自衛隊だから、どのような装備も良いかというとそうではなく、例えば敵国の脅威になる空母や巡航ミサイルといった装備は持っていません。

自衛の観点から、防衛装備品も吟味されています。

ただ近年では、ヘリ空母が4隻も就航しており、改修によっては正規空母としての運用も可能になるので防衛装備と軍用品の区別があいまいになってきているという現実があります。

加憲論議

こういった中で、憲法に自衛隊の存在を明記しようという動きが出てきました。

自衛隊を憲法で認める、つまり加憲を行うということですが、そのためには国会での発議と国民投票が必要です。

日本の平和を担ってきた憲法9条ですが、ここにきて大きな節目を迎えそうです。

行政書士 過去問

訂正依頼・報告はこちら
人気の授業
この授業に関連した情報

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。