行政書士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

行政上の義務履行確保について

課された義務が果たされないときは、行政の対応にはどのようなものがあるでしょうか。今回は、行政上の義務履行確保について見ていきます。

行政上の義務履行確保の分類

行政上の義務履行確保は、行政上の強制執行とも呼ばれます。

以下の4つが、行政上の義務履行確保にあたります。

では、1つずつ見ていきましょう。

代執行

代執行とは、他人が代わって行うことができる義務がなされないときに、行政庁がその行為を行い、かかった費用を義務者から徴収することです。

代執行については、「 行政代執行法 」という一般法が存在します。

代替的作為行為が、代執行の対象になります。

執行罰

執行罰とは、以下の3つに対して過料に処すると予告し、心理圧迫により義務の履行を促すことです。

執行罰は、「 砂防法 」に規定が残っています。

直接強制

直接強制とは、代替的作為義務・非代替的作為義務・不作為義務の不履行があったとき、義務者に直接実力を加え、義務が履行されるのと同じ状態を実現させることです。

直接の実力行使となるわけですので、法律の規定も限られた範囲でしかありません。

強制徴収

強制徴収とは、国民の金銭などの給付義務がなされなかったとき、行政庁が義務者の財産から実力で義務の履行があった時と同じ状態にすることです。

例を挙げるなら、税金の滞納処分などがあります。

行政書士 過去問

訂正依頼・報告はこちら
人気の授業
この授業に関連した情報

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。