過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

行政書士の過去問を「全問」出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 302
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 302
クリア
次の文章にいう「 第二段の論理の操作 」についての説明として、妥当なものはどれか。

成文法規の解釈は、まず「 文理解釈 」に始まり、次いで「 論理解釈 」に移る。文理解釈は、成文法の文章および用語について法規の意義を確定し、論理解釈は、成文法の一般規定をば具体的な事件の上に当てはめるための論理的の筋道を考察する。論理解釈を行うに当っては、第一に「 三段論法 」が活用される。三段論法による法の解釈は、法規を大前提とし、事件を小前提として、結論たる判決を導き出そうとするのである。しかし、いかに発達した成文法の体系といえども、絶対に完全無欠ではあり得ない。故に、特殊の事件につき直接に三段論法を適用すべき明文の規定が欠けている場合には、更に第二段の論理の操作が必要となる。
 1 . 
甲の事件につき規定がなく、類似の乙の事件に関しては明文の規定がある場合、甲にも乙の規定を準用しようとするのは、「 反対解釈 」である。
 2 . 
乙についてのみ規定があり、甲に関する規定が欠けているのは、甲に対する乙の規定の準用を排除する立法者の意志である、という理由から、甲に対しては乙の場合と反対の解釈を下すのは、「 勿論解釈 」である。
 3 . 
甲の事件につき規定がなく、類似の乙の事件に関しては明文の規定がある場合、甲にも乙の規定を準用しようとするのは、「 類推解釈 」である。
 4 . 
乙についてのみ規定があり、甲に関する規定が欠けているのは、甲に対する乙の規定の準用を排除する立法者の意志である、という理由から、甲に対しては乙の場合と反対の解釈を下すのは、「 拡大解釈 」である。
 5 . 
甲の事件につき規定がなく、類似の乙の事件に関しては明文の規定がある場合、甲にも乙の規定を準用しようとするのは、「 縮小解釈 」である。
( 行政書士試験 平成25年度 法令等 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(3件)

評価する
4
評価しない
1:妥当でない。 本肢は「類推解釈」の説明です。
「反対解釈」とは、類似した2つの事実のうち、一方のみに関する規定がある場合、他方について、規定のあるものと反対の結果を認める解釈方法のことです。


2:妥当でない。 本肢は「立法者意志解釈」の説明です。
「勿論解釈」とは、ある事項については規定があり、他の事項に関しては規定がない場合、後者に規定がないのは当然のことであるからと解し前者の規定の趣旨をより一層強い理由のもとに後者の事項にも規定があるものと解釈する技法のことです。


3:妥当である。 問題文のとおりです。


4:妥当でない。 本肢は「立法者意志解釈」の説明です。
「拡大解釈」とは、ある規定を解釈する場合に、通常の意味よりも広く解釈する技法のことです。


5:妥当でない。 本肢は「類推解釈」の説明です。
「縮小解釈」とは、ある規定を解釈する場合に、通常の意味よりも狭く解釈する技法のことです。

評価後のアイコン
2016/09/30 23:11
ID : ashdgxrtko
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
1.誤り

甲の事件につき規定がなく、類似の乙の事件に関しては明文がある場合、甲にも乙の規定を準用しようとするのは、「類推解釈」です。

「反対解釈」とは、「はしを歩いてはならない」とする立札があった場合に真ん中を歩くという考えのことをいいます。

2.誤り

乙についてのみ規定があり、甲に関する規定が欠けているのは、甲に対する乙の規定の準用を排除する立法者の意志である、という理由から、甲に対しては乙の場合と反対の解釈を下すのは、「立法者意志解釈」です。

「勿論解釈」とは、「犬の持ち込み禁止」との規定がある建物内には猫も連れ込んではならないという考えのことをいいます。

3.正解

甲の事件につき規定がなく、類似の乙の事件に関しては明文の規定がある場合、甲にも乙の規定を準用しようとするのは、「類推解釈」です。

4.誤り

2と同様、「立法者意志解釈」です。

「拡大解釈」とは、「牛馬通行禁止」とされる道路にて乗り物の利用を禁じられているとして車やバイクの通行も不可であるとの考えのことをいいます。

5.誤り

3と同様、「類推解釈」です。

「縮小解釈」とは、「ペットの飼育不可」とされる賃貸アパートにて、鳴き声の小さな生まれたての猫なら飼育可とする考えのことをいいます。
評価後のアイコン
2016/08/24 10:10
ID : ozecqxzd
評価する
2
評価しない
1.誤り

「 類推解釈 」の説明です。反対解釈とは「犬を飼ってはいけない」という規定があった場合、猫なら飼うことができると解釈することです。

2.誤り

「立法者意思解釈」の説明です。勿論解釈とは「犬を飼ってはいけない」という規定があった場合に、象を飼うことは当然禁止されていると解釈することです。

3.正しい

立法者意思解釈です。(肢2参照)

4.誤り
拡大解釈とは「犬を飼ってはいけない」という規定があった場合、犬に似た生き物(狐・狸など)も飼ってはいけないと解釈することです。

5.誤り
「 拡大解釈 」の説明です。縮小解釈とは「犬を飼ってはいけない」という規定があった場合、その趣旨を人に危害を加える恐れがあるため禁止されていると捉え、危害を加えることのないような小型犬なら飼うことができると解釈することです。
評価後のアイコン
2016/07/07 02:00
ID : qeruzbno
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199
200
201
202
203
204
205
206
207
208
209
210
211
212
213
214
215
216
217
218
219
220
221
222
223
224
225
226
227
228
229
230
231
232
233
234
235
236
237
238
239
240
241
242
243
244
245
246
247
248
249
250
251
252
253
254
255
256
257
258
259
260
261
262
263
264
265
266
267
268
269
270
271
272
273
274
275
276
277
278
279
280
281
282
283
284
285
286
287
288
289
290
291
292
293
294
295
296
297
298
299
300
301
302
この行政書士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。