過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

行政書士「平成29年度」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 52
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 52
クリア
次のア〜オの記述と、それらの記述が示す法思想等との組合せとして、最も適切なものはどれか。

ア  法を現実に通用している制定法および慣習法等の実定法とする考え方
イ  人身の自由および思想の自由等の人格的自由とともに経済的自由を最大限に尊重し、経済活動に対する法規制を最小限にとどめるべきであるとする考え方
ウ  事物の本性や人間の尊厳に基づいて普遍的に妥当する法があるとする考え方
エ  法制度の内容は、その基礎にある生産諸要素および経済的構造によって決定されるとし、私有財産制度も普遍的なものではなく、資本主義経済によって生み出されたとする考え方
オ  法制度を経済学の手法を用いて分析し、特に効率性の観点から立法および法解釈のあり方を検討する考え方
 1 . 
(ア)パンデクテン法学、(イ)リベラリズム、  (ウ)自然法、      (エ)社会主義法学、    (オ)利益法学
 2 . 
(ア)概念法学、    (イ)リバタリアニズム、(ウ)パターナリズム、  (エ)コミュニタリアニズム、(オ)法と経済学
 3 . 
(ア)法実証主義、   (イ)リベラリズム、  (ウ)善きサマリア人の法、(エ)マルクス主義法学、  (オ)利益法学
 4 . 
(ア)概念法学、    (イ)レッセ・フェール、(ウ)善きサマリア人の法、(エ)コミュニタリアニズム、(オ)ネオリベラリズム
 5 . 
(ア)法実証主義、   (イ)リバタリアニズム、(ウ)自然法、      (エ)マルクス主義法学、  (オ)法と経済学
( 行政書士試験 平成29年度 法令等 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
2
評価しない
ア.法を現実に・・・から、法実証とあるので、法実証主義となります。

ウ.すべてのものに共通しているさま。すべてのものにあてはまるさま。
 から自然法を選択できます。

オ.法制度を経済学の手法を用いて分析とあるので、法と経済学となる。

以上から、5番の選択肢を導き出せます。
評価後のアイコン
2018/08/22 23:28
ID : psnvcfkpm
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
アは、法実証主義の説明です。

法は絶対的なもので、形式的に適用すべきだという考え方です。

法実証主義に対する主義として、自然法論というのがあります。

イは、リバタリアニズムの説明です。

個人の自由を尊重し、政府はあまり個人の経済活動に介入しないようにしましょう、という考え方です。

ウは、自然法の説明です。

エは、マルクス主義法学の説明です。

オは、法と経済学の説明です。

よって、5が正解です。
評価後のアイコン
2018/11/13 10:32
ID : qpowuqjcf
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
この行政書士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。