過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

行政書士の過去問を「全問」ランダムに出題

問題

1周目(0 / 362問 正解) 全問正解まであと362問
個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)2条2項にいう「個人識別符号」であるものとして次のア〜オのうち、妥当なものの組合せはどれか。

ア:携帯電話番号
イ:個人番号(マイナンバー)
ウ:メールアドレス
エ:クレジットカード番号
オ:指紋データ
 1 . 
ア・イ
 2 . 
ア・ウ
 3 . 
イ・オ
 4 . 
ウ・エ
 5 . 
エ・オ
( 行政書士試験 平成30年度 一般知識等 )

この過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
個人情報保護法2条2項では、「個人識別符号」について、

「この法律において「個人識別符号」とは、次の各号のいずれかに該当する文字、番号、記号その他の符号のうち、政令で定めるものをいう。」

一 特定の個人の身体の一部の特徴を電子計算機の用に供するために変換した文字、番号、記号その他の符号であって、当該特定の個人を識別することができるもの

二 個人に提供される役務の利用若しくは個人に販売される商品の購入に関し割り当てられ、又は個人に発行されるカードその他の書類に記載され、若しくは電磁的方式により記録された文字、番号、記号その他の符号であって、その利用者若しくは購入者又は発行を受ける者ごとに異なるものとなるように割り当てられ、又は記載され、若しくは記録されることにより、特定の利用者若しくは購入者又は発行を受ける者を識別することができるもの

具体的には、政令(個人情報の保護に関する法律施行令)で規定されています。

ア:誤り
携帯電話番号は個人識別符号に該当しません。

イ:正しい
個人番号(マイナンバー)は
政令1条6号「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成二十五年法律第二十七号)第二条第五項に規定する個人番号」に該当し、個人識別符号に該当します。

ウ:誤り
メールアドレスは個人識別符号に該当しません。

エ:誤り
クレジットカード番号は、個人識別符号に該当しません。

オ:正しい
指紋(データ)は
政令1条1項ト「指紋又は掌紋」に該当し、個人識別符号に該当します。

したがって、③が正解です。
評価後のアイコン
2019/08/09 10:45
ID : ushdfgtuvv
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
個人情報保護法の「個人識別符号」とは、個人情報保護法2条2項の各号にあたり、かつ政令で定められているものをいいます。

ア.妥当でない
携帯電話番号は、政令に定められていません。

イ.妥当である
個人番号(マイナンバー)は、個人情報保護法施行令1条6号に定められています。

ウ.妥当でない
メールアドレスは政令に定められていません。

エ.妥当でない
クレジットカード番号は政令に定められていません。

オ.妥当である
指紋データは、個人情報保護法施行令1条1号トに定められています。

評価後のアイコン
2019/08/29 12:13
ID : jnscowhef
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この行政書士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。