行政書士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

行政書士 平成27年度の過去問 ランダム出題

問題

1周目(0 / 61問 正解) 全問正解まであと61問
位置情報に関する次の記述のうち、明らかに妥当でないものはどれか。
 1 . 
位置情報とは、空間上の特定の地点または区域の位置を示す情報をいい、当該情報に係る時点に関する情報を含む。
 2 . 
電気通信事業者は、利用者の位置情報を第三者に提供するには原則として利用者の同意が必要だが、生命身体切迫時には人命救助の見地から同意なく提供できる。
 3 . 
電気通信事業者は、通信サービスの契約者が端末を所持する者の同意を得ることなく、他者位置検索サービスを用いて端末のGPS 位置情報を第三者に取得させることが自由にできる。
 4 . 
移動体の位置情報には、大きく基地局にかかる位置情報とGPS 位置情報の二種があるが、GPS 位置情報は通信の秘密には該当しないと解されている。
 5 . 
個人にかかる位置情報は、精度が詳細で、連続して集積されればされるほどプライバシー性が高まるという特徴を持っている。

この行政書士 過去問の解説(3件)

解説表示前マスク画像
付箋メモを残すことが出来ます。
解説表示前マスク画像
解説表示前マスク画像
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この行政書士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。